前回ご説明いた「パワーポイントに動画を貼り付ける」に続き、今回は挿入したビデオデータを編集する方法をご説明いたします。

今回はビデオデータのトリミングについて説明いたします。
まず初めに挿入したビデオデータを選択します。
すると、メニューに「ビデオツール 書式/再生」が表示されますので、「再生」を選択してください。
再生を選択するとリボンメニューが切り変るので、「ビデオのトリミング」をクリックします。

ビデオのトリミングウィンドウが開きます。
水色のピンで、ビデオの再生ポイント(タイムライン)を移動させることができるので、トリミングしたいポイントを確認してください。

緑色のマーカーと赤色のマーカーを移動させることで、動画の前後をトリミングすることが可能です。開始時間と終了時間を直接編集することも可能です。数値を入力すれば、切りのいい時間でカット可能です。
トリミングできたら「OK」をクリックしください。

ビデオデータが正しくトリミングされているのを確認して完了です。
トリミングのポイントは何度でも調整可能です。

いかがでしたか、簡単にビデオの編集を説明しましたが、実はトリミングには今回説明した再生個所のトリミングと、ビデオの画角のトリミングもあります。これは、画像のトリミングと基本的には変わらないので気になる方はこちらをご確認ください。

画像のトリミング

パワーポイントを利用した簡易動画制作も承っています。
まずはサンプル動画集をご覧ください。