何を手伝ってくれるの?

PPTwebでは、4つのフェーズのそれぞれについてサポートします

プレゼンテーションには「準備」「本番」の2つのステージがあり、「準備」には3つのフェーズ、「本番」には1つのフェーズがあります。

PPTwebではこの4つのフェーズについてサービス提供を行っています。

準備

本番

phase

1

目的設定

phase

2

組立構成

phase

3

デザイン

phase

4

トーク

phase

1

  目的設定

phase

2

  組立構成

phase

3

  デザイン

phase

4

  トーク

プレゼンテーションには「準備」「本番」の2つのステージがあり、
その中でも準備は3つのフェーズに分けられます。

PPTwebでは、3つのフェーズのそれぞれについてサポートさせていただきます。

phase 1

目的設定

プレゼンが決まりました。さて、何をしましょう。

お客様の初めからパワーポイントを立ち上げて、頭をひねりながら何時間もデスクに座っていませんか?

まず、最初にしなければならないのは、「プレゼンテーションの目的(ゴール)」を決めることです。

「相手は誰なのか、その人に何を伝えたいのか、そしてどうしてほしいのか」目的をしっかりと固めることから初めましょう。

目的を定めないままでは、資料を作成している途中で内容がブレてしまい、結局何が言いたいのかがわからない資料になってしまいます。

 

たとえば営業プレゼンだった場合、ゴール設定は「製品やサービスを導入してもらう」というのが目的となります。
一般的に営業プレゼンのターゲットになる相手は、担当者や決裁権を持った人になります。
その相手に対して、実際にそのサービスを導入したら、どんな効果がうまれ、お客様の抱えている課題や問題を解決できるのかを説明できる。そんな資料を作成することが重要になります。

PPTwebでは、お客様と一緒にプレゼンの種類に応じたゴール設定を一緒に考えます。

プレゼンの種類

ゴール設定

営業プレゼン

製品・サービスを導入してもらう

社内プレゼン

提案を採用してもらう

成果発表プレゼン

成果を承認してもらう

教育プレゼン

知識を身に着けてもらう

phase 2

組立構成

プレゼンの準備が固まりました。次にすることは?

次に、提案を説明するための資料の構築です。

 

PPTWebでは目的に合わせてプレゼン構成ロジックシートを使うことで、お客さまのプレゼンを効率よく構築いたします。

 

ここでは、プレゼンテーションの時間別にPPTWebで使用しているロジックの一例を紹介します。

phase 3

デザイン

資料作成のための原稿を作りましょう

最後に、実際にプレゼンテーションの中身の検討に入ります。

キャッチコピーや、イメージ、数値情報はプレゼンテーションの重要な要素になります。

特に数値情報は見せ方を工夫することで、言葉で説明する以上に印象に残りますが、多すぎる情報はタブーです。

取捨選択をしてどこにフォーカスを当てれば、聞き手に印象づけることができるかを考えます。

ここでは、デザインのコツをご紹介します。

プロジェクターやモニタで表示させることを基本としているプレゼンテーションでは、文字が十分に認識で知るサイズで作成することが重要です。

PPTWebをはじめ、多くのプレゼンテーション情報サイトでも18ptを推奨しています。

今や当たり前のように言われる見出しですが、本当に1行しかダメと言う意味ではありません。

まずは各スライドにメッセージを入れ、それだけで全体のプレゼンのイメージが伝わるかを確かめます。その後必要な情報を付け加えます。このとき情報が多くなりすぎないように注意が必要です。

文字ばかりのスライドはもってのほかです。

数値情報は株主総会のような必ず表示しなければならないような場合以外はメインの数字のみで勝負しましょう。

〇〇%UPや〇〇件達成などの数値情報は聞き手の印象に強く残ります。

過去何年間の推移グラフについても最新年の部分のみを強調させると見やすくなります。

よく言われるのは3色までに抑えると言われています。この3色は「ベース」「メイン」「アクセント」の3色の事を言いますが、各カラーの濃淡は3色内として考えることは可能です。

人の短期記憶は意外とすぐに消えてしまうようで、あまり多すぎるポイントは焦点がぼやけてしまいます。

3つに絞ることで、伝える側も的を絞れ、聴く側も記憶にとどめやすくなります。

資料制作にあたりお客様のご要望は様々です。目的に合わせたビジュアルとレイアウトで資料を制作していきます。

point

1

文字サイズは18pt以上

プロジェクターやモニタで表示させることを基本としているプレゼンテーションでは、文字が十分に認識で知るサイズで作成することが重要です。

PPTWebをはじめ、多くのプレゼンテーション情報サイトでも18ptを推奨しています。

point

2

1スライド、1メッセージ

今や当たり前のように言われる見出しですが、本当に1行しかダメと言う意味ではありません。

まずは各スライドにメッセージを入れ、それだけで全体のプレゼンのイメージが伝わるかを確かめます。その後必要な情報を付け加えます。このとき情報が多くなりすぎないように注意が必要です。

文字ばかりのスライドはもってのほかです。