サービス一覧

採用説明会

概要

企業が学生に向けて自社をPRする場面では、多くの企業の説明を見聞きして目のこえた学生は、いわば歴戦の猛者を相手にプレゼンテーションを行うようなものです。

当然どの企業も、優秀な人材を採用したいがために採用説明会には相当な力を入れてきています。学生が説明会で何を聞きたいか、道はなしたら学生の印象に残るのかは説明会の準備段階でしっかりと固めておく必要があります。

制作のポイント

point

1

ここでしか聞けない内容

学生が説明会に参加する前にはインターネットで各社のウェブサイトや採用情報ページをしっかりと読み込んでくる人も多いです。

そのうえで企業ブースに足を運んでもらったのだから、ここでしか聞けない内容を求めてやってきているはずです。

折角ブースまで来ていただいた学生に、ウェブに乗ってる内容だけを説明してがっかりさせてることのない資料制作をいたします。

point

2

自分の将来像

学生はこの会社でどういう立場で、何ができるのか。会社は自分にどんな期待をしてもらい、どう成長できるのかを考え説明会に参加しています。その学生の将来像を描けるような資料作成が必要です。また、若手の先輩社員はどんな仕事を任せられ、活躍しているのだろう。といった内容まで作り込むみます。。

point

3

プレゼンロジックに従った組立構成で、より伝わる資料作り

プレゼンテーションを聞く立場や時間によって、どうすれば企業イメージが印象的に伝えることができるかを考え制作いたします。

マイナビが出している調査に「聞きたかった内容」として「具体的な仕事の内容」【社風・社内の雰囲気」「企業が求める能力人材像」が上位に入っていました。

逆にあまり聞きたくない情報に「企業理念」や「商品・製品について」が入っていたことは考えモノです。そして注目なのが、学生が聞きたいと思う内容なのに、説明会では説明されていないのが「入社後のキャリアモデル」「入社後の待遇」「若手社員の話」があり、少ないですが「社長・経営者の話」が来てました。

また、説明会では、発表登壇する人の印象も大変重要な要素になります。話し方も十分に注意しましょう。